実録修羅場まとめ


カテゴリ: 修羅場

私子:23歳  
彼男:23歳 

出会ったその日に一目惚れして付き合うことに。 
数ヶ月後にはお互い結婚の約束をして 
両親に報告、母同士は顔合わせを済ませ、 
結婚まで私子が彼男を追う形で同棲を始めた。 
ただ、彼男父が厳しい人らしく彼男も彼男母も 
頭が上がらない様子。 
一事が万事、彼男父に内緒と言われる。 
なので、全て彼男父は蚊帳の外だと思ってください。 
【おもむろに一枚の紙を手渡す彼男母】の続きを読む

まだ中学生だったある正月。 
昼過ぎに目が覚めて二階の自室から一階のリビングに降りて行った。 
で、階段の壁に水玉?の汚れが付いていて拭ってみたらなんか血っぽい。階段から続く廊下には血でのたくったような跡が。階段の正面には台所があるんだけど、そこに小さな血溜まりがある。 
ここまででサアッと血の気が引いた。 
両親は仲はいいけど普段から喧嘩しがちで、エキサイトすると飛び蹴りするわ張り手は出るわ…最近でも外に向かうでかいガラス窓を割ったこともあって、これはきっと、興奮したどっちかが殺っちまったな、と。ここまでの思考が自分の中では第一の修羅場。 
【廊下には血でのたくったような跡】の続きを読む

自分は目撃しただけなんだけど、当事者とその家族にとっては最大の修羅場。 

家にいたら物凄い叫びが外から聞こえてきて、 
外に出たらお向かいさんの娘さんが庭に出した車の横でのたうち回っていた。 
そして片足が真っ赤で、よく見るとそれは血だった、足は甲の途中でぐにゃぐにゃしてるように見えた。 
ご主人と奥さんも飛び出して来て絶叫、奥さん卒倒。 
私が呼んだ救急車に娘さんは乗せられ運ばれて行った。 
【物凄い叫びが外から】の続きを読む

修羅場と言うか・・巻きこまれた話です。 
長いのであしからず。 

私 23歳 
友子 23歳 同じ中学 
新郎さん 25? 友子の旦那さん 

先日、中学時代の友人・友子の結婚式があったので行って来ました。 
友人と言っても、中学時代にちょっと遊んだくらいの仲。 
大人になってからは全く交流がなかったので、結婚式の招待状が届いた時はちょっとだけ驚いた。 
でもせっかく招待しようとしてくれたんだし、 
私も彼女の人生の門出をお祝いしてあげたい気持ちがあったので出席することにしました。 【中学時代の友人の結婚式】の続きを読む

自分はデパートで働いてた 
突然事務所にスーツ姿の男が来た 
「下の階で男の人が皆さんを呼んでますよ、全員(5人程度)××フロアにすぐ降りるように」とまくし立てるように言ってくる 
「全員が呼ばれるなんて、まさか変なクレーマーが器物破損を起こしたとか」とその時点でガクガクブルブル 
そのフロアに行くといつも通りな感じでスタッフの女の子が客と応対してる 
スタッフに話を聞くと「しばらく居るけど、誰も呼んでない。男の人も居ない」と言い出す 
そう言われて背筋が寒くなった、わけがわからないしそもそもあいつは誰だと・・・ 【スーツ姿の男】の続きを読む

寝室にトラックが突っ込んできたのが一番の修羅場。 
昔、父の転勤に伴い父方祖父母近くの家を買い引っ越した。 
元は祖父母の知り合いの家だったとかで格安と父が喜んでた。 
母は何故か喜んでなく当時は不思議だった。 
今なら、義実家に近く、広いが老朽化、線路道路脇だったからだろうなと分かる。 
ある日轟音と共に2階へトラックが突っ込んできた。 
私の隣の部屋は無茶苦茶。 
ベッドの上の私は運転席の男性と目が合った。  【ある日轟音と共に2階へ】の続きを読む

数年前の修羅場 
学校からの帰り道に見知らぬおじさんが倒れてるのを見た 
うつ伏せで顔のあたり血溜まりが 
下手に血を見ると具合悪くなるくらいには血が苦手なので修羅場だった 
声かけたら意識はあり、目眩おこして転んだら動けなくなったとのこと 
助け起こせず田舎で人通りもないので救急車を呼んだ
【学校からの帰り道に】の続きを読む


友人夫婦のとこへ遠方から遊びに行ったら 
こちらに子ども押し付けて 
嫁は留守番 
実はその間に浮気相手とチャットしてた 

押し付けられた旦那と私は出かけたんだが 
当然私が母だと思われるし 
飲食中にふざけてうんちうんち騒ぐ子に注意もしない旦那 
なんで注意せんの?ってまわりの視線  【友人夫婦のとこへ遊びに】の続きを読む

ネタだと思って聞いてくれ。 

私子 25歳 
彼男 29歳 
バ子 19歳 
全員同じ職場で私子と彼男は正社員でバ子はパート。 

彼男から告白されて付き合うことになった。 
初めてのお付き合いなので彼男の言いなりになってた節はある。 
多少の不公平はあったが幸せに過ごしてた。 
付き合ってることが職場に知られてから、バ子が彼男に妙にすりよるようになった。 
【浮気の復讐のために】の続きを読む

このページのトップヘ