実録修羅場まとめ


カテゴリ: 修羅場

夫ラブの義妹の不倫現場を目撃した。
お兄ちゃんに言わないで!!って泣きながらに頼まれて、
それでも迷っていたら元義妹に先手打たれた。

「お兄ちゃん、嫁子さん不倫してた!!」って夫に進言。
妹タンラブの元旦那はそれを信じきり、私の言う
ことを一切聞かず、私も疲れて離婚に。

財産分与なしで着ていたものだけ持って追い出された時、私は専業主婦だった。

【お兄ちゃんに言わないで】の続きを読む

電車に乗ってる時でした。

子供がギャアギャア叫びながら、靴のまま座席に上がったりしてたので、思わず
『靴のまま乗っちゃダメだよ~』
と軽く注意したら、それまで気付かないフリして携帯いじっていた母親がギッと睨んできて
『ほら!変な人がいるからこっち来なさい!』
と言われました。 


【暴れる子供に注意したら…】の続きを読む

息子一歳の記念に家族写真を撮りたくて予約していた。
今朝準備をしていたらトメがアポなし凸。

このトメ、息子が生まれてから自分のことを「ママ」と呼ばせようと必死で
夫が「ママのところに行っておいで」と言えば「あらーママがいいのー☆」と
自分が駆け寄っていったり、「マーマは?マーマ、言ってみ?マ・マ☆」
などとうざいことこのうえなし。私や夫が意地でも「おばあちゃん」と呼ぶので
トメまで意地になってママを貫こうとする。 

【ママと呼ばせたい】の続きを読む

今日やってしまった仕返し。

私夫婦は新婚半年で、結婚の挨拶やらなにやらで何度か義実家に行くたびにトメから
「嫁子の料理はまずい」「嫁子のセンスは悪い(夫が選んだプレゼントなのに)」
などなどいやな小言が多くて、でもはいはいで流していたけど、今日は
「嫁子は仕事をやめてうちに女中しにきなさい、私も年で体が動かなくなってきたから」
と言ってきた。女中は本当に言った。 


【女中しにきなさい】の続きを読む

小心者の兄妹の巻き込まれた修羅場です。

上京して兄と二人暮らし。
うちはあまり裕福な家庭ではなかったので、
子供二人に別々の仕送りが出来なかったから
かろうじて2部屋ある賃貸に兄妹節約生活していた。 

帰宅して家の鍵を開けた途端、通りかかった女に
いきなり耳をひねりあげられてそのまま家の中へ押し込まれた。
強盗?強盗って普通男じゃないの?
女の強盗もいるって東京怖い!
きっと帰宅した兄が私の遺体を見つけるんだと、
兄が見つけて両親に連絡する場面とか今までの楽しかった事とか頭を駆け巡った。

【誰よあんた!】の続きを読む

よそのトメが勝手に自爆した話

超遠距離別居の良義母が、私達の住んでいる所に遊びに来たので
こちらの観光地に案内した。 

お土産にお菓子を買いたいということで、名物のお菓子屋に行くことになった。
店員さんと3人でおしゃべりしながらお菓子を選んでいると
隣でお菓子を見ていたトメと嫁らしき二人組みのトメの方が、義母に
「いっしょに出かけるのは、やっぱり娘ですよね~ 嫁じゃ気が利かないし、
娘の方がお互い好みもわかってるから、楽しいですよね!」と同意を求め、
息子は親孝行の良い子、嫁がいかにいたらないか、
自分の娘がいかにすばらしいかを、一方的にしゃべり出した。


【よそのトメが勝手に自爆】の続きを読む

友達が家に来ていた時に、トメがアポ無し凸。
「まあまあ嫁子さんったらこんな真っ昼間から遊んで!!そんな暇あるなら義実家にry」
とかなんとか。

そうしたら友達がニッコリ笑って

「今、相談を受けてたんですよ~。姑さんの嫁いびりと舅さんの強制わいせつについて。
証拠も十分揃っているので、これから裁判起こしますね~嫁ちゃん、頑張ろうネ!」

うん頑張ろう!って返しましたよ。
【裁判頑張ろうネ!】の続きを読む

さっきの話
アポなし凸してきたトメが買い物についてきた
で、今日はずっと前に用意した非常持ち出し袋の缶詰を買ったんだが、なにを勘違いしたのか
「缶詰で手抜きなんてふじこふじこ!」と言い始め、
そこから○○家の嫁が!○○家のしきたりが!と言い始めた。


【なにあれ、嫁いびり!?】の続きを読む

私が十二歳くらいのとき。
両親は離婚していて、私は父と母の家を行ったりきたりしていたんだけど、クリスマスに
母に会いたくなり、サプライズ(笑)で父には「母に連絡した」と嘘ついて連絡なしで母家に行った。
すると母の彼氏。
母は笑顔でむかえてくれたんだけど、母彼氏がかなり不機嫌そうな顔をしていたので、子供なりに
やばいと思って家を出た。で、公衆電話で父に電話していたんだけど、「今同僚が家にきている」と父。
楽しそうだったし、女性の声がしたような気がして(結局気のせいだったんだけど)
帰りたいと言い出せなくなって、「私もお母さんちで楽しくやってるよ」と嘘をついた。

【離婚した母に会いに行ったら】の続きを読む

このページのトップヘ